Event is FINISHED

三陸国際ガストロノミー会議2019

Description
三陸国際ガストロノミー会議2019及び交流会のご案内

6月10日(月)~11日(火)の二日間、世界のシェフ・国内シェフと生産者、食のスペシャリスト達が集い交流する三陸国際ガストロノミー会議2019及び交流会が開催されます。
岩手初の食の国際会議です。多数の参加をお待ちしております。

--詳細情報--

◆開催趣旨
・東日本大震災後の国内外から寄せられた支援への感謝。
・ガストロノミー(美食術、食文化)の視点から地元の魅力・誇りを再認識。
・「食」を軸とした地域振興、よりよい復興、三陸の未来の創造。
◆開催日時
 2019年6月10日(月) 10:30~17:00
      11日(火) 10:30~15:00
◆開催場所
 宮古市民文化会館(岩手県宮古市磯鶏沖2-22)
◆料金
 国際会議:1日パス1,500 円(税込み)/2日パス2,500 円(税込み)
 交流会:6,500 円(税込み)*会場:浄土ヶ浜パークホテル
 ※会場へは盛岡駅発着のシャトルバスや公共交通機関のご利用をお勧めします。
 申込はこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/
◆宿泊
 宿泊の申し込みはこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/

テーマ
 三陸の食、海と環境
◆国際会議登壇者
・オリビエ・ローランジェ氏(「ルレ・エ・シャトー」副会長)
・ルシア・フレイタス氏(スペイン・ガリシア「a Tafona de Lucia Freitas」シェフ)
・リッチー・リン氏(台北ビストロノミー「MUME」シェフ)
・山口 杉朗氏(フランス・パリ「BOTANIQUE」シェフ)
・深谷 宏治氏(世界料理学会 in Hakodate 実行委員会代表)
・伊藤 勝康氏(岩手・田野畑「ロレオール田野畑」シェフ)
・生江 史伸氏(東京・麻布「レフェルヴェソンス」シェフ)
・川手 寛康氏(東京・神宮前「フロリレージュ」シェフ)
・岩佐 十良氏(「自遊人」編集長)
・中村 孝則氏(コラムニスト)
・君島 佐和子氏(「料理通信」編集主幹)
・鹿澤 靖幸氏(岩手・盛岡「Ristorante SHIKAZAWA」シェフ)
・福士 雅巳氏(岩手・盛岡「ウサギボタニカ」シェフ)
・山崎 純氏(岩手・山田「和海味処いっぷく」店主)
・宮川 徹氏(岩手・釜石「和の膳みや川」店主)
・後藤 友明氏(岩手大学三陸海洋研究センター准教授)
・石川 豊氏(元岩手県水産技術センター・農学博士)
・その他アトラクション・発表を予定している学生・団体の皆さん
◆同日開催
 いわて黄金食財見本市(同日同会場)
◆問合せ先
 三陸国際ガストロノミー会議2019 実行委員会事務局(岩手県農林水産部流通課)
 電話番号 019-629-5733
 公式サイト https://gastronomy-sanriku.com/






Jun 10 - Jun 11, 2019
[ Mon ] - [ Tue ]
10:30 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
6/10(月)・6/11(火)2日間通し券 SOLD OUT ¥2,500
6/10(月)1日券 10:30〜17:00 SOLD OUT ¥1,500
6/11(火)1日券 10:30〜15:00 SOLD OUT ¥1,500
交流会 6/10 (月)19:00〜浄土ヶ浜パークホテル SOLD OUT ¥6,500
Venue Address
宮古市磯鶏沖2−22 Japan
Organizer
H3 Food Design
17 Followers